Multi blog

教育系企業で働く一般サラリーマンが情報発信するブログです。自分の経験談をメインで発信していきます。

中学生 勉強 宿題 小学生 教育 日常 読書感想文 高校生

読書感想文の書き方

投稿日:

みなさんこんにちは。
multiです!

今回は読書感想文の書き方をご紹介します!

なぜこの時期に読書感想文の紹介なのかと言いますと、私が新卒で内定をいただいた会社は入試前課題として、毎月、パソコン課題と読書感想文の課題が出されていました。

具体的な就活の話は次回させていただければと思うのですが、自分はあまり真面目に就活をしていませんでした。なので、そういった課題が出されるのが普通なのかは分かりませんが、その時に活用していた技術(もちろん、小・中・高等学校の夏休み課題にも使えます!)を共有します! 

まず、読書感想文には決まった流れ、いわゆるフォーマットがあります。

その流れとは


【第一段落】
その本と出会ったきっかけ

【第二段落】
その本のあらすじ

【第三段落】
どの部分が、なぜおもしろかったのか

【第四段落】
その本を読んだ経験によって得たもの

 

 


の四段落構成でできています。

それでは詳しく説明していきますね。


まず、第一段落は、『その本と出会ったきっかけ』なので、誰かにすすめられて、とか、本屋さんで見かけて、といったことを書きましょう。

次に、第二段落では、わかりやすく簡潔に、『その本のあらすじ』を書きます。「簡潔に」がポイントです。どんな出来事があり、誰がどうした、というレベルにとどめて、みなさん自身の感想は書かない、ということもポイントになります。

そして第三段落。分量的にも内容的にも、もっとも力を入れてください。単に「おもしろかった」ではなく、『どの部分が、なぜおもしろかったのか』を書きましょう。自分や家族に結び付けて、その本の内容を考えてみてもおもしろいですね。 

最後に第四段落。まとめの部分です。ここには、『その本を読んだ経験によって得たもの』を書くとよいでしょう。その本を読んで自分がどのように変化したのか、これからの生活にその本を読んだ経験をどう生かすのか、といったことです。

この流れに沿って書くと「何を書いていいか分からない」という状態にはならないと思います。 

ちなみに、これは余談ですが、私は読書感想文を書く際に本を最初から最後まで読んだことは1回もありません。


使えそうな箇所をパラパラとめくって探し、それをもとに書いていました。この方法を使うと、まず「本を丸々1冊読まないといけない」」というハードルがなり、淡々とこなすことができるので、取り掛かりやすくもなります。 

特に難しいことも一切ないと思うので、よかったら試してみてください。

-中学生, 勉強, 宿題, 小学生, 教育, 日常, , 読書感想文, 高校生
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【必須】二日酔い・潰れ対策

みなさん,こんにちは!muiltiです! 今回は飲み会前にすべき二日酔い・潰れ対策をお話します! 対策STEP1 ウコンの力等の力を借りる! まずはこれですね。皆さんすでにされているとは思いますが,や …

英語のテストで90点取るための勉強方法

みなさんこんにちは。multiです! 今回は英語のテスト(定期テスト)で90点以上取るための勉強法を紹介したいと思います。 その前に注意点を2つ  1. 今回紹介する勉強法は学校の定期テスト …

22時帰りのサラリーマンが感じたジムに通うメリットデメリット

みなさん,こんにちは!multiです!今日は自分が実際に体感した「ジムに通うメリット・デメリット」をお話します! その前に当時の自分の状態を説明しますね! 状態その1.定時は22時 状態その2.彼女と …

アクティブラーニングとは?

本日は昨今話題の、AL(アクティブラーニング)とは何か、そして、自宅でできるアクティブラーニングについてご紹介します! まず、AL(アクティブラーニング)とは?についてお話させていただきます。 一般的 …

中学受験カリキュラムのご紹介

みなさんこんにちは。multiです! 今回は中学受験のカリキュラムについてご紹介します! まず、中学受験と一概に言っても「一般科目入試」と「適性検査入試」の二種類があります。これらは学校側が指定するも …