Multi blog

教育系企業で働く一般サラリーマンが情報発信するブログです。自分の経験談をメインで発信していきます。

AO入試 アクティブラーニング 入試 推薦入試 教育 目標 英語 高校生

【大学入試】英語の民間試験導入の延期について&入試改革対処法

投稿日:

みなさん、こんにちは。
multiです!

今日は英語の民間試験の延期と私たちがとるべき行動について紹介します。

まず、なぜ民間試験の導入が延期になったか・・・


1 地方の高校生と都市部の高校生で受験する際の費用(交通費や受験費用)に差が生まれ、不公平である


2 裕福な家庭の生徒は本番までに何度も練習受験ができるが、あまり裕福でない家庭の生徒はそれができず不公平である
以上、2点が問題となり、大学入試への民間試験導入は延期となりました。

また、センター試験に取って変わる共通テストについても「読む」「聞く」「話す」「書く」の四技能のうち、「読む」「聞く」の試験となり、結果として従来とあまり変化しない形となりました。

しかし、民間試験導入について完全に話が消えたわけではありません。また、どんな形で入試制度が変わるかも分からない状態です。

そんななか、今の中高生ができることは

“推薦入試・AO入試”の活用です。

あまり公にはされていませんが、

平成29年から30年の1年間だけでも国公立だけで500枠も、私立も入れれば4500枠も推薦入試、AO入試の枠は増えています。

また、昨今では東大・京大に推薦合格させるためだけの塾もできているほど、世間は推薦入試ブームです。

もちろん、推薦入試の枠が増えているということはそれだけ、一般入試(勉強での入試)の枠は減少するわけですから、

今後は高校の内申点を稼ぐ方が、断然有利になってくることは間違いないでしょう。

よって、狭き門になるであろう、かつどんな入試制度になるかも分からない一般入試での合格よりも、確実に推薦入試での合格を狙うほうが賢明だと言えるわけです。

そのため、これからの高校生は日ごろの学校のテストや課外活動が従来の高校生よりも大切になってきます。

また、先日、アクティブラーニングの記事も書きましたが、自分から情報を求め調べる力、それを面接で話す力も必要です。

-AO入試, アクティブラーニング, 入試, 推薦入試, 教育, 目標, 英語, 高校生
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

たった2STEP!面接必勝法!

みなさんこんにちは。multiです! 今回は二日酔いでも合格できる面接必勝法をご紹介します! この方法は就職活動から入試まで様々な場面で幅広く使えるので、うまく自分に当てはめて、活用してみてください! …

読書感想文の書き方

みなさんこんにちは。multiです! 今回は読書感想文の書き方をご紹介します! なぜこの時期に読書感想文の紹介なのかと言いますと、私が新卒で内定をいただいた会社は入試前課題として、毎月、パソコン課題と …

英語のテストで90点取るための勉強方法

みなさんこんにちは。multiです! 今回は英語のテスト(定期テスト)で90点以上取るための勉強法を紹介したいと思います。 その前に注意点を2つ  1. 今回紹介する勉強法は学校の定期テスト …

人生がつらい人へ

みなさん、こんにちは!multiです! 今回は「人生がつらい」と思っている人に知ってほしいことを紹介していきたいと思います。尚、この記事の内容は「嫌われる勇気」という書籍から抜粋していますので、気にな …

【小学生編】子どもが勉強しない時はどうすればいい?

今日は子どもが 「なかなか勉強しない」 というお悩みの解決方法をご紹介していきます。 そもそも,なぜ子どもは勉強をしたがらないのでしょうか。 それについてはお子さんがどの学年かによって変わってきます。 …